バックナンバー

保険適応の歯科メニューは

矯正歯科は保険が利く?

矯正歯科で保険適用されるには

歯並び、出っ歯や受け口などを治す、一般的な歯科矯正は適用外であり、基本的には保険適用がされる歯科矯正は生まれつき歯並びなどに問題のある先天性の疾患で、厚生労働省が認めたものに限ります。また、歯並びの悪さからくる顎の変形症についても、顎の骨を切るなどの場合においては適用が認められます。他には、先天的に永久歯が6本以上ない方も対象となります。また、保険診療で歯列矯正ができるのは国が指定した特別な機関であることも必要な条件です。ですので、矯正歯科の歯列矯正専門医であっても適用診療ができない場合もありますので、注意が必要です。まずは矯正歯科に受診の予約を行い、受付の際に保険の適用についてされるされないを確認する必要があります。保険適用外である場合は自費診療となります。その場合はかなり高額になりますので、治療を始める前に、受付でおおまかな費用と治療期間などについて事前に矯正歯科の受付で説明を受けておくことが大事です。ちなみに、自費診療で治療する場合は100万円かかることもあります。保険診療が適用された場合は自己負担額が30万円~50万程度ですが、どちらも医療費控除の対象となることは覚えておいてください。

↑PAGE TOP